機内食で味わう機上のグルメな旅行を紹介。国際線の旅客機に乗ると機内食が楽しみです。機内食、国際空港、各航空会社の自慢の飛行機なども紹介します。

機内食や空港ほか航空会社の紹介

『機内食~機上のグルメ旅』のサイトへようこそ!
当サイトは、機内食の紹介目的として作成しました。機内食以外にも航空関連の空港や航空会社、キャビンクルーなどの情報も随時紹介してまいります。これから海外に旅行するという場合の情報収集などにぜひ、ご利用ください。

機内食写真の募集
機内食の写真なども募集しております。
>>> 機内食写真の募集のお願い。
ご応募お待ちしております。
◆機内食、航空会社情報
SKYTRAX社(スカイトラックス)によるエアライン評価
メニューにない特別な機内食がある
世界の航空会社のコード
>>続きを読む
◆韓国の航空会社
アシアナ航空機内食(済州島⇒福岡)軽食
アシアナ航空機内食(福岡⇒済州島)軽食
アシアナ航空機内食(ソウル⇒福岡)
アシアナ航空機内食(福岡⇒ソウル)の夕食
エアプサンの機内食(福岡⇔プサン)
済州航空(ソウル⇒福岡)機内食軽食
済州航空(福岡⇒ソウル)機内食軽食
ティーウェイ(tway)航空機内食 (福岡⇔ソウル)
>>続きを読む
スポンサードリンク
◆香港の航空会社
キャセイ航空機内食(台北⇒福岡)夕食
キャセイ航空機内食(香港⇒台北)軽食
キャセイ航空機内食(ペナン⇒香港)朝食
キャセイ航空機内食(福岡⇒台北)昼食
キャセイ航空機内食(台北⇔香港)軽食
>>続きを読む
スポンサードリンク
◆中国の航空会社
中国国際航空機内食(上海⇒福岡)昼食
中国国際航空機内食(福岡⇒上海)軽食
中国南方航空機内食(広州⇒福岡)昼食
中国南方航空機内食(福岡⇒広州)夕食
>>続きを読む
◆東南アジアの航空会社
シンガポール航空(シンガポール⇒福岡)朝食
シンガポール航空(デンパサール⇒シンガポール)夕食
シンガポール航空(福岡⇒シンガポール)昼食
シンガポール航空(シンガポール⇒デンパサール)
シンガポール航空~シンガポールスリング
ベトナム航空(福岡⇒ホーチミン)機内食 昼食
ベトナム航空の歴史
>>続きを読む
◆台湾の航空会社
中華航空(福岡⇒台北)機内食特別食
中華航空(福岡⇒台北)機内食/昼食
中華航空(台北⇒香港)機内食特別食
中華航空(台北⇒香港)機内食/軽食
エバー航空機内食(台北⇒福岡)朝食
エバー航空(福岡⇒台北)機内食/昼食
>>続きを読む



>>> 海外への格安航空券予約はこちらから

機内食、空港、航空会社、航空機などの情報

日本航空 ジャカルタ(JKT)⇒成田 機内食特別食(ベジタリアン)JL726

ジャカルタの任期が無事完了・・・、日本に帰国します。

来るときはじんましんのために大事をとってアレルゲン7種除く特別食でしたが、搭乗手続きの際に帰国便はどうするかたずねられたのですが、帰国時はもうじんましんの影響はないだろうと、別の特別食にしました。

ということで選択したのはベジタリアンミール・・・、これまで一度もためしたことがなかったのですが、このときはまさにグッドタイミングでちょうどきこの前日に食べたものの食べ合わせが悪かったのか腹の調子が悪く・・・、下痢と嘔吐に悩まされ、とても普通食は食べる気になれませんでした。

今回の帰国便も国際交流基金「日本語パートナーズ」の公務ということで国際線はJAL指定で搭乗でした。航空会社は8ケ月ぶりの日本航空(JL726)、久しぶりにJALに搭乗します。日本航空はやはりいいですね、搭乗すれば、そこはもう日本です。エンターテイメント(映画と音楽)は日本人にピッタリのメニューで退屈する暇なしです。ありがたや...です。

夜の便なのですでに夕食をジャカルタの空港摂っているのですが、搭乗してすぐに機内食が運ばれてきました。

日付 ;2017.3.9(金)
Flight ;JL-726
JAKARTA発 ;21:20 
成田着 ;6:00

ボーイング777-300、244人乗りですが、 ほぼ満席、最近ではどこの航空会社の便に乗っても満席が多いですね。。(海外旅行者が多い??)
JKTからの帰国便もほぼ満席、ビジネスクラスの乗客が多いようですね。
機体も新しかったですね。

【日本航空JL726(JKT⇒福岡)機内食特別食/夕食】

1)機内食/夕食~特別食/ベジタリアンミール

サラダ;トマト、きゅうり、パパイヤ
メイン;蒸したじゃがいも、ニンジン、ブロッコリ、トマト、マシュルーム
デザート;フルーツ3種(スイカ、パイナップル、パパイヤ)
      海藻??ゼリー
      ヤクルト
      パン、バター

さすがにベジタリアンミールの味はちょと大味でした・・・。
ただ、JKT発つ前に食あたりで下痢ぎみだったのでベジタリアンミールでちょうどよかったです。
普通食はミーゴレンだったので脂っこくて体調的にはよくなかったでしょうね。

評価;☆
味は通常の普通食よりも格段に落ちます。
これは致し方のないこと。

ヤクルトまで付いてましたが、ヤクルトは乳製品なのでは??

JKT行き(2016.7月)のチェックインカウンター(成田)で、「帰国便(2017.3月)も同じアレルギー対応食でよろしいですか?」と質問され、帰国の際はたぶんアレルギーは問題ないだろうと考えてましたので、せっかくだから違う特別食(ベジタリアンミール)にということでリクエストしました。

そのときは「乳製品、卵のあり or なしのどちらにしますか?」と聞かれたので、「なし」にしてくださいと返答・・・。

確かに「ヤクルト」が付いてきましたね・・・。

まあ何といってもインドネシアでの機内食準備だから・・・、対応が適当だったのでは??

「ベジタリアンミール」ではヤクルトが最も美味でした・・・。
せめて牛乳、卵使用可のベジタリアンミールにしておけばよかったですね。
そのため甘味はケーキ類もダメだったようです。

日本航空 成田⇒ジャカルタ(JKT) 機内食特別食(アレルゲン7種除)JL725

今回は国際交流基金日本語パートナーズの派遣で国際線はJALに搭乗します。
朝の便なので成田に前泊の指示があり、おかげで楽しい時間を過ごすことができました。
前日は九州から早朝に家を出て昼前に東京に到着、余裕のあるスケジュールのおかげで東京見物まですることができました。

航空会社は日本航空(JL725)、久しぶりにJALに搭乗します。
日本航空は実に国際線で久しぶりに乗るのでとてもワクワクします。

日付 ;2016.7.24(日)
Flight ;JL-725
福岡発 ;10:50
JAKARTA着 ;16:35 

ボーイング777-300、244人乗りですが、 ほぼ満席、最近ではどこの航空会社の便に乗っても満席が多いですね。。(海外旅行者が多い??)
JKT便はビジネスクラスの乗客が多いようですね。
機体も新しかったですね。
最近のどの航空会社も機内のエンターテイメントのサービスはプログラムが充実してますね。
映画、ミュージックでも、楽しめるものが多いです。
さすがに日本のミュージシャンのにならず海外の曲も多かったですね・・・。

【日本航空JL725(福岡⇒JKT)機内食特別食/昼食】

JKT着16:40、成田から約8時間のフライトでした。

1)機内食/昼食〜特別食(左)/アレルゲン7種除く
オードブル;レモン、レタス、きゅうり、パパイヤのサラダ
メイン;鶏肉??ミンチボールのトマトソースかけ
     サフランライス
デザート;白桃ゼリー
      フル−ツ(ぶどう)

卵、牛乳も除くアレルゲン7種抜きなので味はかなり大味でしたね。

評価;☆
味ははっきり言ってうまくなかったです。
今回乗機前に原因不明のじんましんが出たため、大事をとって特別食(アレルゲン7種除)にしました。ためしにオーダーしてみましたが、今後はもう2度と注文することはないでしょう。
やはり特別食でもアレルゲン7種抜きなどは特別が感じがしますね、宗教食とはまた違ったお味でした。メインは鶏肉かなあとおもいましたが、肉もどきなのかもしれません。

今回のデザートも牛乳、卵抜きでケーキなどがでることはありえないので甘党の私としては大変残念でした。

【日本航空JL725(福岡⇒JKT)機内食普通食/昼食】

ちなみにこちらが普通食です。
おでんかな?? だいこんのサラダ??
フルーツとケーキもあります。

アシアナ航空 ソウル(仁川)⇒福岡 OZ136 ビジネスC

帰路もビジネスクラスですが、いきとは背追尾が大きくことなりすくなからずがっかりでした。

日付 ;2016.6.22
Flight ; OZ-136
ソウル発 ;17:55
福岡着  ;19:00

ソウルからの帰路は行きの便より小さい飛行機だったため、ビジネスクラスのシートも近距離用の簡単なものでした。これが普通ですからは近距離ということもあり仕方ありません。

17時55分仁川発なので時間帯としてはディナーなのですが、飛行時間があまりに短いため、機内食はお弁当的な簡単なものでした。

まずウエルカムドリンク(水かジュース)がサービスされますが、ビジネスクラスの座席エリアを後方のエコノミー客がぞろぞろと通過されるので、ザワザワしてあまり落ち着けません。

離陸後まもなく食事のサービス開始。行きと同様種類は1種のみで選べません。
座席のテーブルをセットして、男性のCAさんがテーブルクロス(ナフキン)を敷いてくれます。

飲み物はノンアルコール飲料、ビール、ワインの他ににコリアンライスワイン(マッコリ)も選べます。どんなマッコリか興味があってマッコリジュセヨ〜とお願いしました。

グラスに入った乳白色の液体、これがマッコリ↓→かすかに微発泡でさわやか。お食事に合うかどうかは少し疑問ですが、韓国らしさが楽しめますね。

ソウル発日本行きなので食事は和風テイストの幕の内弁当です。
お弁当プラス汁物で豆腐とわかめの味噌汁付き。
味噌汁は陶器ですが、お弁当はプラスチックの容器で、トレーに載せて一人分ずつサービス。

【ビジネスクラス機内食 アシアナ ソウル(仁川)〜福岡 OZ136】

ご飯は3種類の炊き込みご飯で、メニューには栄養おにぎりと記載。こんもり丸く盛りつけているのでおにぎりと言えなくはないのですが、ぎゅっと握ったいわゆるおにぎりとは異なります。
アルミカップに3種盛り合わせの炊き込みご飯は、ちょっと薄味。日本のようにご飯に味をつけるという感覚が無いのか、素材そのものを生かす炊き込みご飯ですね。
豆や野菜の具材が体に良さそうです。

メインのおかずは銀たらの塩焼き、スモークチキン。こちらは和風の味付けでお弁当の定番おかず。冷めても美味しい料理という事でしょうか。
れんこんや椎茸の焼き物などの野菜料理もバランスよく入っています。

デザートとしてフルーツ。特にケーキなどのスイーツはありませんでした。
フライト時間が長ければ、食後のデザートをコーヒーとともにゆっくり楽しめるのでしょうが、なにしろ時間との戦い。そんな暇は無いですね。あっという間に着陸時間だし。。

食後のお茶の頃、折悪く飛行機がかなり揺れて、お茶が波打って溢れるほどでした。
残念ながら、安全のためコーヒーやお茶などの飲み物はすぐに片付けられてしまいました。
梅雨時で日本は大雨のようでしたが、ソウルは曇り程度で、傘は不要でした。
久しぶりの韓国を満喫し、満足満足。

機内食大好き
【航空会社に関する新着情報】

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0